アンサーズ法律事務所 法律・判例情報

【札幌 弁護士コラム】教学相長(きょうがくあいちょうず)の精神

【札幌 弁護士コラム】教学相長(きょうがくあいちょうず)の精神

教学相長(きょうがくあいちょうず)という言葉があります。これは「礼記」に出ている言葉で、学問を始めてようやく自分の知識が不足していることを知って、人に教えてみて人に教えることの難しさがわかるということであり、学ぶことと教...
【ご案内】空き家対策の決定版!パッケージ型家族信託~家族でつなぐ~

【ご案内】空き家対策の決定版!パッケージ型家族信託~家族でつなぐ~

株式会社つなぐ相続アドバイザーズでは、この度、空き家対策サービスパッケージ「家族でつなぐ」を発売しました。このサービスは主にご自宅をお持ちの方で、特に認知症によってご自宅の売却ができなくなることに不安をお持ちの方、相続で...
【札幌 弁護士コラム】位置エネルギーと求不得苦

【札幌 弁護士コラム】位置エネルギーと求不得苦

事業を行うにあたって、目標数値をどこに設けるかということは重要な課題となります。低く設定しすぎると目標に向かった行動がさほど必要ではないため改善につながりにくいという問題が発生しますし、逆に高く設定しすぎると目標達成が現...
【札幌 弁護士コラム】滝に入って考えたこと

【札幌 弁護士コラム】滝に入って考えたこと

唐突な話なのですが、最近、滝行を始めました(笑)。(本当に弁護士業務と何の関係もなくなってきていてすみません…。)知人から何の気なしに誘われ、初めて行ったときが冒頭の写真です。3月頭の北海道で、ご覧のとおり雪は積もるわ氷...
【札幌 弁護士コラム】企業・士業はファースト・ペンギンたれ

【札幌 弁護士コラム】企業・士業はファースト・ペンギンたれ

最近、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で出てきたため、「ファースト・ペンギン」という言葉が流行っているそうです(残念ながら私は見ていませんが…。)。この「ファースト・ペンギン」という言葉、簡単にいうとリスクを取って大成...
【札幌 弁護士コラム】一か八かの大勝負?

【札幌 弁護士コラム】一か八かの大勝負?

訴訟を起こそうかと考える過程で多く見られる傾向として、「相手が100%悪い!」とか「自分は全く悪くない!」のように考えることがあります。しかし、「盗人にも三分の理」というように完全にどちらかが悪いというケースは稀なことで...
【札幌 弁護士コラム】チャンス逃してばかりのあなたへ

【札幌 弁護士コラム】チャンス逃してばかりのあなたへ

昨日はチャンスを逃した場合の心の持ち方というか、善後策についてお話しました。今日はそもそもなぜ人はチャンスを逃すのか、ということについてお話ししていきます。 何事においてもチャンスが訪れるのは(活動の時間や人生...
【札幌 弁護士コラム】土屋会長からの直電+泡沫(うたかた)の夢

【札幌 弁護士コラム】土屋会長からの直電+泡沫(うたかた)の夢

昨日の午後、珍しく私(荒木)が1人で事務所で仕事をしていたら、突然、土屋ホールディングスの土屋公三会長(!)からお電話を頂きました。昨年、土屋会長が主宰する人間社長塾に通わせて頂き、2月にはグループ会社の土屋ホーム様主催...