債権回収

会社の大切な売上げを現実化します。

会社の売上げが伸びていたとしても実際に債権を回収しなければ貸倒れになってしまいます。

債権回収について、請求書を送付するような社内対応だけでは必ずしも十分な対応とはいえません。

実は取引開始時に契約書を作成するところから債権回収は始まっています。

また、実際に支払いが遅れた場合には、弁護士による迅速な法的措置を執ることが回収率を高める最も有効な方法になります。