労働

会社と従業員のベストマッチを実現します。

会社の実際の業務は従業員の労働によって成り立っています。

労働問題はとかく人間関係として捉えられることがありますが、法的には会社は従業員に対して賃金を支払う義務等を負っており、従業員は会社に対して労務を提供する義務を負っているという法律関係にあります。

会社と従業員の法律関係は、労働契約(雇用契約)、労使協定並びに就業規則、賃金規程及び退職金規程等の内部規程によって決められることになります。

会社が労働問題を回避するためにはこれらの内容をしっかりと定めること、定めに従った対応を正確に行うこと(残業代を支払うこともこれに含まれます。)が必要です。