契約書・社内文書

法的な紛争の発生を事前に予防します。

契約書は会社と取引先との法律関係を定める重要な文書です。

また、定款、社内規程、議事録等の社内文書は会社事業の方向性や内容を定める重要な文書です。

これらの文書を作成しない場合、又は作成していたとしてもその内容が実際と異なる場合には、事実関係や法律関係を正確に証明できなくなってしまうため、紛争を招いてしまうおそれがあります。

このため、会社における紛争を回避するためにはこれらの文書を正確に作成することが何よりも重要です。

仮に紛争が起こってしまったとしても、これらの文書が存在することで早期解決が見込める可能性が高くなります。

 契約書関連業務についてのパンフレットはコチラ