事業承継

会社経営者の方の代替わりを支援します。

オーナー社長が会社経営をしていた場合、どこかの時点で引退を考える必要が生じます。

会社の継続のためには、オーナー社長から誰かが経営を引き継ぐ必要があります。

オーナー社長が引継ぎを行わなければ、会社経営が混乱し、業績が悪化してしまいます。

オーナー社長が引き継ぐべきものとしては、株式、会社役員の地位、会社の保証人としての地位、会社経営のノウハウ等があります。

事業承継には法的観点と事実上の観点が必要ですが、法的観点としては株式等の財産の贈与(又は相続)、役員選任の決議、保証債務の債務引受等の対応が必要となります。

さらにこれらの法的対応を行うにあたっては、税務面でのリスクもあわせて検討しなければなりません。