環境

環境保全を目指す会社を法的観点からアドバイスします。

現代において環境保全は企業にとって必要不可欠な課題となっています。

以前は公害発生の回避、公害発生によって生じた損害の賠償の文脈で環境保全が語られてきました。

しかし、現代では環境保全にどの程度取り組んでいるか、コンプライアンスの問題が会社の社会的評価に加味されるようになっています。

更に電力の固定価格買取制度や二酸化炭素排出量取引制度においては環境保全を行うことが経済的価値に反映されることとなっています。

今後も企業における環境保全の重要性はますます高まるものと考えられます。