クレーム・権利侵害対応

会社運営の阻害要因を回避します。

会社運営においては、契約問題だけではなく突発的な問題にも対応せざるを得ない場合があります。

例えば、顧客からいわれのないクレームをされることがあります。

このような場合には、法的な結論がどうなるかを下敷きにしつつ、最も迅速かつ低廉なコストで済む対処方法を検討する必要があります。

また、他にもインターネットへの悪評の書き込み、会社建物への侵入、従業員の使い込み等、契約だけでは解決できない問題が多々あります。

このような問題についてはなるべく早い段階で弁護士に相談しておくことが有効です。