顧問業務

当事務所は、事業の発展・業務拡大を目指しておられる企業様をご支援するため、顧問業務対応をお勧めしております。顧問業務対応をさせて頂くことで、企業様の法務について継続的な対応が可能となり、的確かつきめ細やかなアドバイスをご提供できます。また、企業様にとっても前提の業務内容を相談の度にご説明しなくてもよくなり、手間とコストの削減につながります。
是非、顧問業務の導入をご検討下さい。

顧問業務のお申込み、お問合せはコチラのメールフォームから「お問い合わせ内容」に「顧問契約について」と記載してお申込み又はお問合せの内容を送信して下さい。

顧問業務についてのパンフレットはコチラ

1 顧問業務

①契約書等のチェック

取引先や従業員との間で契約書を締結する必要が生じた場合に、契約書締結前のドラフトを確認し、法的問題がないかをチェックします。

②許認可関係の書類チェック

許認可の取得が必要な業種の場合、許認可の取得に必要な書類のドラフトをチェック致します。また、新規事業を開始する場合に許認可の取得が必要かどうかのご相談もお受けします。

③クレーム・紛争対応

業務の中でクレーム・紛争が発生した場合の対応についてアドバイスします。

④取引関係・事業展開のご相談

事業展開を考える中で、どのような取引形態が有利か、どのような取引相手を選べばよいか等につきご相談をお受けします。また、事業承継、M&A、海外展開及び上場等のご相談もお受けします。

⑤労働関係のご相談

従業員の雇用形態、賃金体系及び解雇等のご相談をお受けします。

⑥補助金・助成金のご案内

企業様に応じて申請が可能な補助金・助成金に関する情報を提供致します。

⑦その他の法律相談

上記以外でもインターネットによる風評問題、社用車での交通事故の問題等幅広くご相談をお受けします。また役員、従業員の方の個人問題のご相談についても優遇させて頂きます。

また、当事務所では補助金や助成金に関する情報を保有しており、顧問契約を締結していただいた会社様にとってそれぞれに有効な補助金や助成金の情報を流すようにしております。

 

2 対応方法

①面談による相談

当事務所にお越し頂いての相談をお受けします。

②訪問による相談

札幌市内の場合、1か月に1度のご訪問を無料で行わせて頂きます。

③電話による相談

電話による直接相談をお受けします。なお、顧問契約を頂いていない方には電話での相談をお受けしておりません。

④メールによる相談

メールによる直接相談をお受けします。なお、顧問契約を頂いていない方にはメールでの相談をお受けしておりません。

 

3 ご優待

(1)紛争処理案件・書面作成業務等の着手金につき通常料金から3割引き
(例)<500万円の売掛金請求訴訟のご依頼を頂いた場合>
 通常の着手金:500万円×5%+9万円+税=36万7200円
 顧問先様の着手金:(500万円×5%+9万円)× 0.7 + 税 = 25万7040円

(2)タイムチャージ制案件に関する優待
(例)通常タイムチャージ2万円/1時間+税
   顧問先タイムチャージ1万5000円/1時間+税

 

4 実績

顧問先業種医療サービス業、コールセンター経営、建設・建築業、
不動産賃貸・管理業、イベント業、ネイルサロン経営、
ホテル経営、生花販売業、探偵業、古紙回収業、
広告業、衣料品卸売業
業務内容契約書作成・レビュー
労務関係相談(残業代請求、問題従業員対応)
資金調達関係スキーム相談
クレーム対応
売掛金回収、支払いトラブル対応

 

5 料金・時間


通常基準料金
(1か月あたり)

 小会社:32,400円(税込)
 中会社:43,200円(税込)
 大会社:54,000円(税込)
※1年間以上のご契約となります。
対応時間1か月あたり5時間までの業務(5時間を超過した場合には
30分あたり5,400円(税込)の追加料金を頂きます。
但し、個別案件業務対応は別途定める報酬によります。)
※契約書等のレビューについては原則として
 A4サイズ10ページで1時間としてカウントさせて頂きます。

※会社の分類は以下に従います
  (該当する要件のうち、一番大きい分類となります。)。

 年間取引金額従業員数
卸売業小売業・サービス業左記以外
小会社2億円未満6,000万円未満8,000万円未満5人以下
中会社2億円以上6,000万円以上8,000万円以上5人超
大会社80億円以上20億円以上20億円以上50人超

 

6 お支払方法

  • 銀行振込
  • 口座引落し
  • クレジットカード払い ※1年分の一括払いに限らせて頂きます。

 

7 顧問先のお客様の声

多くの顧問先のお客様から以下のようなご支持のお声を頂いております。

契約でのトラブルの解決を全てお願いできるようになりました。最高です!
(株式会社MITT 代表取締役 土本正様)
相談当初からの対応の速さ、気軽に話を聞いていただける事で、今後も相談しやすいと思っております。
(株式会社24 常務取締役 沖田哲博様)
これまで自社で対応してきた対外的なトラブルについて、専門家の視点からアドバイスいただけることにメリットがありました。契約書についてはこれからより詳しく相談させて頂きます!
(不動産賃貸・管理業のお客様)
これから発生する具体的な相談事があると思われますので、どんな小さな事でも相談できればと存じます。
(生花販売業のお客様)
訴訟を起こして勝てた事が良かったです。
(コールセンター業のお客様)
すぐに相談ができ、的確なアドバイスが頂けて大変助かっております。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
(顧問先のお客様)

(その他のお客様)
【お客様の声】堀内智一様/株式会社フレアエージェント代表取締役
http://answerz-law.com/%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E3%81%AE%E6%A5%AD%E5%8B%99/post-598

8 顧問業務がわかる関連コラム

上記の内容をお読みになった上で、顧問業務のイメージを掴むために下記の記事も参考にして下さい。

顧問弁護士を付ける必要ってなに?
「法律の用心棒」以上の顧問弁護士の使い方
顧問弁護士をつけるメリットとは①
顧問弁護士をつけるメリットとは②

顧問業務のお申込み、お問合せはコチラのメールフォームから「お問い合わせ内容」に「顧問契約について」と記載してお申込み又はお問合せの内容を送信して下さい。