【札幌 弁護士コラム】意思決定基準がすべてを決める:訴訟への発展に思う結論の決まり方

【札幌 弁護士コラム】意思決定基準がすべてを決める:訴訟への発展に思う結論の決まり方

常々思っていることではありますが、改めて意思決定基準というものは非常に重要だと思います。
「意思決定基準?何それ?」という方もいらっしゃると思いますが、かく言う私(荒木)もものの数年前まではこのような考え方を持ち合わせていませんでした。
しかし、意思決定基準という言葉を持ち、それを意識して生活することで行動が大きく変わり、それに従って結果が変わってきたことを実感しています。

意思決定基準とは、簡単に言えば「AならばBをする」という行動に関する公式です。
ここで重要なのは、意思決定とは特別な時にのみ行うものではなく、日々生きていれば無数の意思決定をしているということです。
例えば、朝何時に起きるか、目が覚めてすぐに起きるか二度寝するか、起き上がって顔を洗うか、朝食を食べるかどうか、朝食に何を食べるか…等、行動がある限り、その前提として意思決定があるわけです。

私の職業柄、相談にいらっしゃるのは紛争が起こってから、訴訟を起こすまでに煮詰まってから、という方が大半です。
しかし、訴訟に至るようなケースというのはそれまでの過程の結果が問題になっているものであり、訴訟で行うのは過去の振り返り作業に過ぎません。
訴訟に至るまでの数々の意思決定のいずれか又は複数のものが訴訟の原因を作っていたということになります。

そうであるにも関わらず、意思決定基準について無関心すぎる人が非常に多いと感じます。
意思決定基準に思いを致さなければ、これまでの経験、勘、直観、ヒューリスティックスによらざるを得ないのであり、それだけで到底、物事がうまく進むとは考えられません。

意思決定基準を改善し、向上させるためには、これまで自分の中になかった意思決定基準を外部から取り入れ、自分のものにしていくプロセスが必要になります。
このプロセスこそが「学び」であるといえるのです。
このように「学び」から得られる意思決定基準を通じて行動を変容させることが、結果を変えるための第一歩となります。

「学び」はどのようにしたら得られるか、ということに疑問を持たれている方は、下記のイベントをチェックしてみて下さい。
訴訟をやらなくて済むような意思決定基準を作り出すヒントを持ち帰って頂けるかもしれません。

<イベント概要>
タイトル:【学びの放談会】~たった2年で売上げ5倍超を達成した学びの極意~
日時  :平成30年8月30日 17:00-19:00(放談会)
              19:30-21:30(懇親会)
場所  :Wall 地下セミナールーム(放談会)
      札幌市中央区北2条西10丁目2番地7
     ヌイユ(懇親会、定員8名)
      札幌市中央区南1条西9-15 B1F
会費  :5000円(放談会)、4000円(懇親会)
     ※顧問先様は1名様無料です。
講師  :荒木俊和(アンサーズ法律事務所代表)
申込方法:①フォーマットに入力 https://goo.gl/ZMzE2s
     ②お電話 011-252-9301
締切  :平成30年8月27日

URL :
TRACKBACK URL :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)