【札幌 弁護士コラム】価値提供ってなんだろう、という素朴な疑問

【札幌 弁護士コラム】価値提供ってなんだろう、という素朴な疑問

今日は苫小牧に出張でした。

あと一回は苫小牧に行かなければならないようですので、苫小牧の皆様、宜しくお願い致します(誰に言ってるんだ?)。

 

最近、「価値提供」という言葉について考えることがよくあります。

この言葉というのは考えれば考えるほど難しいもので、かなり相対的な側面が大きいように思います。

 

例えば「弁護士費用が10万円になります。」と言ったときに、これを高いと見るか安いと見るかは人によって大きく異なります。

当然、どのような内容の仕事をしてもらえるかということがありますし、依頼者の収入状況にもよりますし、どの程度大変な法律問題が起こっているのかにもよります。

 

このようなことはどのような業種、業態でも起こりえることです。

事業をやっている人は誰しもがこの価値提供について思いを致しているはずですし、その中の多くの人が「なぜこれだけ価値提供をしているのに買ってもらえないのか。」という悩みを抱えていらっしゃいます。

 

これに対する一つの解は「商品又はサービスの絶対的な価値を考える」ということです。

これは裏を返すと属人的な事情や提供に至るまでのコストを考えず、商品又はサービスがもたらす便益だけを取り出して考えるということです。

この考えに立てば、例えば原価が100円でできたカレーであっても、2000円の価値があると見れば2000円という値決めが正しいということになります。

 

もちろんこの考え方に立てば「そんな高い値段で買ってもらえるわけがないだろう。」という反論があります。

しかし、真に高い価値があるものが売れないのであればそれは顧客に価値が伝わっていないことに由来するものであると考えられます。

このため、高いから買わないと言われた場合には、安易に値段を下げるのではなく、商品又はサービスの価値をどのように伝えるのかを見直すべきだと考えられます。

 

意識をそのように変えていけば自ずと価値の高いものを提供することに集中することができ、売り手も買い手もメリットを得られる状況が作られてくることになるのではないでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)