【札幌 弁護士コラム】抽象化されたレベルで本物を求めること

【札幌 弁護士コラム】抽象化されたレベルで本物を求めること

本日、東京最終日でした。

これから飛行機に乗るところです。

 

今日は朝から東京都美術館にゴッホとゴーギャン展を観に行き、合羽橋の商店街で調理器具などを買い、ランチは東京と札幌でご活躍中の心理カウンセラーを養成されている方とご一緒させて頂きました。

また、話がさかのぼりますが、昨日の夜は東京の顧問先の社長さんと食事させて頂きました。

 

ここ2日間で体験したのは「抽象化の必要性」ということです。

 

人は誰しも見聞きするもの、触れるもの、味わうものなど直接的な刺激をまず感じ取ります。

そのような刺激が経験化すると、見聞きするとどうなるか、触れるとどうなるか、味わうとどうなるかという予測がつくようになってきます。

そしてその予測に基づいてスケジュールを作り、行動するようになります。

とまあ、ここまでは当たり前の話です。

 

そこで抽象化とはなにか、ということなのですが、例えば「見聞きするものを広い視野でとらえて、自らの規範において解釈する。」という言い方ができるように思います(定義というものではないため、これと異なる考え方もあると思います。)。

ここ2日間でお会いした上記の方は、いずれも素晴らしく勉強熱心な方で、常に先を見通そうと努力されている方であり、(僭越な言い方ですが)勉強の本質を小手先のテクニックではなく、物事の本質の抽象化と見通されている方だと思いました。

また、今日観に行ったゴッホとゴーギャン展では、(もちろんゴッホも非常に素晴らしい作品なのですが)ゴーギャンの「芸術は視覚で捉えたものを抽象化し、自らの表現に作り直すものだ(細部あいまいです。)」というような芸術観もこれに近いものではないかと感じました。

 

良いものを見聞きし、自らにおいて抽象化して取り込む。

この繰り返しが人の一番の成長の糧なのではないでしょうか。

 

***************************************************************************************************
本サイトでは365日、弁護士によるコラムを公開しています。
新着情報をお知りになりたい方は右側のFacebookページのリンクに「いいね!」してください(投稿の度にタイムラインに表示することが可能になります。)。

【メルマガ登録募集中!】
アンサーズ法律事務所では月1回メールマガジンを発行しています。
メルマガならではの有益情報をご提供しておりますので是非ご登録下さい。
本サイトのトップページ右のサイトバーに(スマホ用サイトでは下側に)、メールアドレス、お名前、会社名・所属先をご記入頂くことで登録できます。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)