【札幌 弁護士コラム】スチール机のペイントに思う

【札幌 弁護士コラム】スチール机のペイントに思う

10月から新しい事務所で執務をしております。

事務所の家具類は以前に入っていらっしゃった弁護士の先生から買い取ったのですが(おしゃれできれい!)、私の執務机だけは倉庫に保管してあったものを持ってきました。

他の机が全部白いのに対し、私の執務机だけ木目調なので白く塗りなおそうかとあるとき考えていました。

しかし調べてみると、サンドペーパーをかけて、下地材を塗って、そこからムラがないようにぬっていかなければならないと、なかなか大変なようで挫折しました。

(というか現状でもまぁいいかと思ったのですが。)

 

一方で一昨日のセミナーで聞いた話のなかで、過酷な修行を続けてこられたお坊さんが仰っていた話の中で「人は変わるときに大きな痛みを伴う」というものがありました。

 

机の場合には(色が)変わるときにサンドペーパーでガサガサの醜い状態にいったんした上でないと変えられないように、人の心も澄まして見えるようなツルツル状態のままでは変われないのではないでしょうか。

人が変わろうとするときには、不器用に見えたり、卑屈に見えたり、奇特に見えたり、時に醜く思われもするでしょうが、そのような必死の状況に心を置かなければならないのではないかと思います。

 

今日は短めに。

***************************************************************************************************
本サイトでは365日、弁護士によるコラムを公開しています。
新着情報をお知りになりたい方は右側のFacebookページのリンクに「いいね!」してください(投稿の度にタイムラインに表示することが可能になります。)。

【メルマガ登録募集中!】
アンサーズ法律事務所では月1回メールマガジンを発行しています。
メルマガならではの有益情報をご提供しておりますので是非ご登録下さい。
本サイトのトップページ右のサイトバーに(スマホ用サイトでは下側に)、メールアドレス、お名前、会社名・所属先をご記入頂くことで登録できます。 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)