経営相談・内部管理

【札幌 弁護士コラム】改めて思う共通項を持ち、握ることのできる人間関係の重要性

【札幌 弁護士コラム】改めて思う共通項を持ち、握ることのできる人間関係の重要性
今日は大寒の滝を取ってきました。マイナス7℃とやや冷え込んでいましたが、先週に比べたらまだ寒いわけでもない状況でしたが、非常に厳しく、またそれであるがゆえに非常に清々しい滝でした。今年も1年頑張っていけそうな自信が芽生え...

【札幌 弁護士コラム】人生の出発点は何者たらんかによる

【札幌 弁護士コラム】人生の出発点は何者たらんかによる
昨日は恒例の年間プログラムに参加してきました。同じ受講者の方の中で連帯感が芽生えてきており、いい雰囲気が出来上がっています。さて、その中で昨日、特に学んだことは「大きな決断」と「小さな決断」です。「大きな決断」とは人生の...

【札幌 弁護士コラム】人の取材は貴重な資源の収集である

【札幌 弁護士コラム】人の取材は貴重な資源の収集である
東京に来ています。明日は月例の年間プログラムへの参加です。さて、年明けから顧問先様を中心に挨拶回りをしています。これには存在を忘れられないようにするという目的(汗)もさることながら、お会いした方と様々な話をして情報を取材...

【札幌 弁護士コラム】結果の出ていないことを「失敗」としなくて済む条件とは

【札幌 弁護士コラム】結果の出ていないことを「失敗」としなくて済む条件とは
年始の挨拶回り、案件対応、滝行(?)など最近は少々慌ただしくしております。 そんな中ですが、最近特に思うのが、失敗に対する考え方がいかにあるべきかです。私は、失敗を失敗として捉えないということを強く意識していま...

【札幌 弁護士コラム】問題や悩みに対する対応の極意:「見つめること」と「受け入れること」

【札幌 弁護士コラム】問題や悩みに対する対応の極意:「見つめること」と「受け入れること」
今日は恒例の滝行でした。今日の有明はー12℃と、私(荒木)の中で過去最低気温を更新した状況での滝行でした(笑)。ともあれ、晴天に恵まれてよい滝を取ることができました。さて、その滝行の帰り、滝行で何度かご一緒させて頂いてい...

【札幌 弁護士コラム】長谷川豊さんのお話を聞いて:世界認識が情報処理の優劣を決める

【札幌 弁護士コラム】長谷川豊さんのお話を聞いて:世界認識が情報処理の優劣を決める
昨日は、東京で北海道出身の経営者が集まる道産子社長会という会に出席し(私(荒木)は北海道出身ではありませんが、潜らせて頂きました。)、元フジテレビアナウンサーで現在は経営コンサルタント、来期の参議院議員選に出馬予定の長谷...

【札幌 弁護士コラム】共感なくして情報の伝達なし

【札幌 弁護士コラム】共感なくして情報の伝達なし
先日、とある女性向けのブログを見て思ったことなのですが、そのブログには多くのいいねやコメントが寄せられており、そのようにいいねやコメントが寄せられる理由は何かと疑問に思いました。そこで妻にも意見を求めたところ、このブログ...

【札幌 弁護士コラム】歯の治療に思う:リスクといかに向き合い、対応するか

【札幌 弁護士コラム】歯の治療に思う:リスクといかに向き合い、対応するか
昨日は朝から歯の治療に行ってきました。最初は虫歯を軽く削るだけと言われていたのですが、虫歯を治療し始めてみると意外に深く神経にまで出していることがわかりました。そのため急きょやむを得ず、神経まで取り除く処置をしていただき...

【札幌 弁護士コラム】人にエネルギーを与える人になるのか、人からエネルギーを奪う人になるのか

【札幌 弁護士コラム】人にエネルギーを与える人になるのか、人からエネルギーを奪う人になるのか
今日は人にエネルギーを与える人と、人からエネルギーを奪う人の違いについて考えてみました。まず人にエネルギーを与える人というのは、立ち振る舞いが明るく、その場を朗らかにする傾向があります。これに対して人からからエネルギーを...

【札幌 弁護士コラム】プロフェッショナルの仕事に対する力の入れ方の加減とは

【札幌 弁護士コラム】プロフェッショナルの仕事に対する力の入れ方の加減とは
今日は仕事に対する力の入れ方のお話です。 仕事においてどれくらいのクウォリティを保つかというのは常に問題となります。もちろん可能であれば100%の力で仕事を行うのが理想的であるといえます。 しかし、様...