【札幌 弁護士コラム】家族信託の作り方・使い方(13):信託契約書の作り方④

【札幌 弁護士コラム】家族信託の作り方・使い方(13):信託契約書の作り方④

少し間が空きましたが、信託契約書の作り方に戻ります。

今日は帰属権利者の設定についてです。

 

帰属権利者とは、信託の清算後の残余財産を受け取る者です。

帰属権利者は、信託財産を最終的に取得する者ですので、遺言における受遺者に近い立場になります。

 

信託終了後に、信託の清算が行われます。

信託の清算とは、信託財産を現物の財産に戻すために行われる手続です。

すなわち、信託に係る債権と債務とを整理して、プラスの部分とマイナスの部分を打ち消していく作業です。

信託終了後に清算受託者が信託の清算を行うこととなっていますが、清算受託者は通常は受託者が引き続き行うことになることが想定されます。

 

信託契約において、帰属権利者を設定しておくことは、特定の者の死亡によって信託が終了する場合、その財産について遺言を作って遺贈と同様の意味を持つことになります。

すなわち、もとの財産の所有者であった委託者から信託を経て特定の者(帰属権利者)に財産が渡るからです。

そこで、そのような帰属権利者の設定については、遺贈と同様であるとして遺留分減殺請求の問題が残ります。

つまり、同じ推定相続人であっても帰属権利者として指定を受けていない者からすると、自らが得られると想定されていた財産が得られなくなってしまうことから、帰属権利者に対して財産の一部を戻すように求められるのではないか、という問題点が発生します。

これについては学説上の対立がありますが、基本的には遺留分減殺請求が可能であるという前提に立って信託を設計することが無難であると思われます。

 

また、帰属権利者への信託財産の帰属と税金についても考慮しておく必要があります。

受益者の死亡に伴って帰属権利者が財産を取得する場合であれば相続税の問題、受益者が生存している場合で信託が終了し帰属権利者が財産を取得する場合あれば贈与税の問題となります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
アンサーズ法律事務所へのお問い合わせは以下の方法でお受けしております。
法律相談、契約書の作成・チェックのご依頼、顧問契約のご依頼、家族信託組成のご依頼、案件処理のご依頼、その他お気軽にお問い合わせください。

・お電話でのお問い合わせ(平日9:00-18:00) 011-596-9413
 (時間外自動受付 050-5891-3596(留守番電話対応))

・メールフォームからのお問い合わせ コチラをクリック

・オンラインでの法律相談予約 コチラをクリック

***************************************************************************************************
本サイトでは365日、弁護士によるコラムを公開しています。
新着情報をお知りになりたい方は右側のFacebookページのリンクに「いいね!」してください(投稿の度にタイムラインに表示することが可能になります。)。

【メルマガ登録募集中!】
アンサーズ法律事務所では月1回メールマガジンを発行しています。
メルマガならではの有益情報をご提供しておりますので是非ご登録下さい。
本サイトのトップページ右のサイトバーに(スマホ用サイトでは下側に)、メールアドレス、お名前、会社名・所属先をご記入頂くことで登録できます。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)