ダイエットは以前から何度もチャレ

ダイエットは以前から何度もチャレンジしました。

今も実践しているダイエット方法は一時の食断ちです。

1日予定が見られない日に 水の他は何も食べないようにします。

そうして、あくる日の朝はお粥などのお腹にやさしい食べ物を食べて、後は普段通りに生活するのです。

胃のリスタートにもなって身体にも良いそうですよ。

最近、丸くなってきたので、痩せよう調べていたら、いいダイエット方法を見つけました。

それは継続する経度な運動でうす。

ご存知だと思いますが、有酸素運動の結果は素晴らしくてカロリーを制限するよりも、ずっと痩せられます。

実際、数週間前から有酸素運動に励んでいますが、どんどんスリムになって嬉しいです。

ウォーキングは思いのほか効果的なんだなと感じた出来事でした。

すでに20年くらい前になりますが、その時、流行った海外製の痩せる!といわれるサプリを挑戦してみたことがありました。

飲んで少しの間すると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。

期待どおりの結果があると思えばいいのか、体に適さないのかわからず怖くなり、一本で、飲むのを中断することにしたんです。

全然、痩せずに終わったお話でした。

ダイエットを頑張るならとにかく筋肉を増やして基礎代謝量をつけていく事が重要です。

中でも、ダイエットする為にはどのような筋トレが向いているのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、過剰にするとかえって筋肉がつきにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の以後に筋力トレーニングを実施し、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが効き目が出やすいようです。

普通、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたころから徐々に減っていくものです。

これは、成長期の終わりによって代謝量が一定値に安定しだしたことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も同様にだんだんと低下しているからです。

中年と呼ばれる年代に差し掛かるとだんだんと体型が変化し太りやすくなるのはこういうれっきとした理由があるのです。

ダイエットを行うときの心構えとしてまず基礎代謝量の数値を出しておくことが重要な第一歩です。

基礎代謝とはつまり、平時に消費されているエネルギーのことを指し、数値が大きいほど太りにくい体質ということがいえるのです。

基礎代謝の計算が簡単できるサイトがありますので、一度確認してみるといいと推奨します。

自分の基礎的な代謝を測ることは必須ですよね。

なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、必要な摂取カロリー量を理解することはできないためです。

若かったあの時のような無理してダイエットするのが体力的にできなくなった分、常日頃から静かに数値を見つめていたいと思う日々です。

私は痩せようと思った時、家でできるダイエット方法として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増やして体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少し早くウォーキングを30分以上しました。

これをなるべく毎日継続することで、2か月で5キロのダイエットができましたが、続けるのはとても難しかったです。

年を取るにつれて、運動をすることも減り、基礎代謝が徐々に下がっていく気がします。

そのせいか、苦労の末ダイエットをしても、思うように体重が軽くなりません。

やはり、体質を改善しないとダメですね。

まずは、体温を上げるために、生姜湯からやりたいと思います。

寒い冬には良い飲料ですし、これで代謝がアップしていくことでしょう。

必ず体験するのが体重の減少が停滞してしまう時期です。

こんな場合はどうすればいいのかと言うと、この状態で減量をやめてしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが秘訣です。

もし、運動量が減ったのなら、食事だけでもカロリーに気を配ったり、食事に注意しないのなら、運動だけでも持続しましょう。

食事制限をしたくないし、運動する時間も取れません。

私が困っていた時、いい物を見つけました。

それは痩せると言われているお茶です。

過度に食事を制限するダイエットは肌にも髪にも悪影響があるので、必要なカロリーを摂取すると同時に、その痩せるお茶を飲むことにより、リバウンドせずに綺麗に痩せられました。

ダイエットを長期間していると、カロリーを考えなくても、おおよその摂取カロリーが計れるようになります。

肉に米、野菜をこのくらい摂取したので、今日の昼食に摂取したカロリーはいくらくらいというように計れるのです。

私にもデブだった時があるので、仕方ないのですが、少しセンチメンタルになります。

有酸素運動は短くても20分は運動しないと効果がないといわれてきましたが、今は何度かにわけても20分より長く運動していてばききめがあるといわれています。

それとは別に、筋トレのほとんどは呼吸をほとんど止めた状態の運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことでそれぞれの効果を引き上げることが行えます。

痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。

食べないダイエットは確実に痩せますが、デメリットも多いのです。

私の話で言うと、生理が止まってしまったのです。

排卵が止まり、婦人科で薬をもらい治しました。

あまり頑張りすぎると続かないというのが自論です。

実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも意外と、違うのです。

本格的腹式呼吸を身につければ、基礎代謝アップが期待できるといいます。

おろした生姜入りのお湯を飲んだり、ストレッチをして体をほぐしたり、ゆっくり半身浴をしたり、代謝を上げるといっても、かなり大変だなと思っていた時だったので、まずは呼吸方法を取得して、どんな時でも気軽に代謝を上げられるようになりたいと期待します。