コンプライアンス

【札幌 弁護士コラム】法律って1つじゃない?行政による「立法」とは

【札幌 弁護士コラム】法律って1つじゃない?行政による「立法」とは
昨日は受任している件で某行政庁を2か所回り、その間に新規顧問先のお客様のところにいくという比較的ハードスケジュールでした。全く別の話ですが、札幌の夏は短いですが、ひそかに今シーズン中にゴルフで100を切ろうと企んでいます...

【札幌 弁護士コラム】新しい株式会社の形態、監査等委員会設置会社とは?

【札幌 弁護士コラム】新しい株式会社の形態、監査等委員会設置会社とは?
今日は夕方まで作業、夕方からつなぐ相続アドバイザーズ打合せ、セミナーという1日でした。 最近は家族信託案件が陸続と入ってきており、忙しくしております。 秋ころには大型のセミナーでも打ちたいと考えております。 さて、メイン...

【札幌 弁護士コラム】「法律の用心棒」以上の顧問弁護士の使い方

【札幌 弁護士コラム】「法律の用心棒」以上の顧問弁護士の使い方
<PR> 5月23日(火)契約書セミナーを開催します! 「弁護士が企業経営の発展と契約書の関係について考えてみた」 詳細はコチラ→ http://answerz-law.com/news/news-2910 ---...

【札幌 弁護士コラム】悪しき「パブロフの犬」とならないために

【札幌 弁護士コラム】悪しき「パブロフの犬」とならないために
<PR> 5月23日(火)契約書セミナーを開催します! 「弁護士が企業経営の発展と契約書の関係について考えてみた」 詳細はコチラ→ http://answerz-law.com/news/news-2910 ---...

【札幌 弁護士コラム】自責を突き詰めていくと何が生まれるか、というテスト

【札幌 弁護士コラム】自責を突き詰めていくと何が生まれるか、というテスト
<PR>5月23日(火)契約書セミナーを開催します! 「弁護士が企業経営の発展と契約書の関係について考えてみた」詳細はコチラ→ http://answerz-law.com/news/news-2910------...

【札幌 弁護士コラム】弁護士業界の古きをたずねて新しきを知る

【札幌 弁護士コラム】弁護士業界の古きをたずねて新しきを知る
先日ご紹介した本(「職業史としての弁護士および弁護士団体の歴史」)に続いて、今日は「日本弁護士史の基本的諸問題」という本を読みました。 <Amazon>「日本弁護士史の基本的諸問題」https://www.am...

【札幌 弁護士コラム】ヘーゲルと日本の弁護士業界の歴史との意外な関係

【札幌 弁護士コラム】ヘーゲルと日本の弁護士業界の歴史との意外な関係
昨日は珍しく(?)すすきのに一人で飲みに出かけました。これは単に遊びに行っているということではなく、新たな境地や人間関係の開拓に必要であるということなので誤解をされないよう。実際に、普段の異業種交流会では知り合わないよう...

【札幌 弁護士コラム】絵画で風刺された弁護士像に思う

【札幌 弁護士コラム】絵画で風刺された弁護士像に思う
(本記事は平成29年4月5日分の未投稿記事です。) 弁護士という職業は見る人によって様々な評価を受けます。高尚で立派な職業だといわれることもあれば、市民の見方だといわれることもあれば、高い料金をぼったくる商売だ...

【札幌 弁護士コラム】弁護士の本当の使い方とは

【札幌 弁護士コラム】弁護士の本当の使い方とは
本稿に関しては批判、反論を是非頂きたいと考えているところですが、弁護士の位置づけというものが社会的に間違っていると思う場面が多々あります。私(荒木)は約3年前に独立して以降、予防法務を掲げてやってきましたが、相変わらず「...