コンプライアンス

【札幌 弁護士コラム】「再生想像」と「創作想像」:想像力を法務に活かすとしたら

【札幌 弁護士コラム】「再生想像」と「創作想像」:想像力を法務に活かすとしたら
再生想像と創作創造という言葉があります。再生想像とは、過去のある記憶を再生してそれを想起することをいいます。一方で創作創造とは、過去の記憶などから未来を想定するということを意味します。 人の想像とはこの2つに分...

【札幌 弁護士コラム】月光仮面はなぜ仮面を着けているのか?:弁護士における正義観とは

【札幌 弁護士コラム】月光仮面はなぜ仮面を着けているのか?:弁護士における正義観とは
昨日audibleというAmazonが運営するアプリをダウンロードしました。こちらのアプリは、文学作品を中心に、作品を朗読したものを販売する専門サイトからダウンロードしたデータを再生できるアプリです。 <aud...

【札幌 弁護士コラム】潰しても潰しても現れてくるのがリスクというもの

【札幌 弁護士コラム】潰しても潰しても現れてくるのがリスクというもの
昨日は実家から戻り、雑務をこなすために事務所にいました。御用納めからまだわずかですが、雑務というのはとめどなく発生するものだとつくづく思いました。 さて、年末年始というものは普段できないような自分の振り返りがで...

【札幌 弁護士コラム】説客と顧問弁護士:ノーリスクでハイリターンを得られるフリーランスの使い方

【札幌 弁護士コラム】説客と顧問弁護士:ノーリスクでハイリターンを得られるフリーランスの使い方
おかげさまで平成30年も昨日で御用納めとなりました。 皆様のご愛顧により本年もアンサーズ法律事務所が無事に御用納めを迎えられましたことを感謝申し上げます。さて項羽と劉邦のネタを続けます。 項羽と劉邦の時代においては、説客...

【札幌 弁護士コラム】法務リスクの削減には、まずリスクホメオスタシスを知ることから

【札幌 弁護士コラム】法務リスクの削減には、まずリスクホメオスタシスを知ることから
来年1月から勤務弁護士1名を入れることになり、その準備を進めています。今日は机を搬入して事務所内の模様替えをしました。これまでの事務所内のレイアウトを変えたので違和感がありますが、一方で事務所の陣容が充実してくる実感が湧...

【札幌 弁護士コラム】法律問題における「かもしれない運転」と「だろう運転」

【札幌 弁護士コラム】法律問題における「かもしれない運転」と「だろう運転」
今日もセミナーを聴くために東京出張です。当然、東京にセミナーを聴きに行くときは飛行機を使うのですが、ついにJALグループのクリスタル会員になってしまいました。 この調子でサファイア会員くらいは目指したいと思います。笑&n...

【札幌 弁護士コラム】平成30年北海道胆振東部地震を経験して:痛感した備えの必要性

【札幌 弁護士コラム】平成30年北海道胆振東部地震を経験して:痛感した備えの必要性
9月6日の未明に発生しました北海道地震(平成30年北海道胆振東部地震)の被害に遭われた方に、衷心よりお見舞い申し上げます。ご案内のとおり、北海道地方では9月6日未明に大地震が発生し、人的、物的被害とともにかつてないほどの...

【札幌 弁護士コラム】弁護士業務に対する理解の難しさ

【札幌 弁護士コラム】弁護士業務に対する理解の難しさ
今日は「学びの放談会」を開催いたしました。足元の悪い中を多くの方にお越し頂きまして大変うれしく思いました。今回の放談会でも懇親会を開いたのですが、お酒が進むにつれて(?)皆様の口が軽くなり、本音のところでお話させて頂いて...

【札幌 弁護士コラム】人生単位の価値で見たときの法務の価値とは

【札幌 弁護士コラム】人生単位の価値で見たときの法務の価値とは
ドラッカーの5つの質問のうち「第三の問い 顧客の価値は何か」とあるように、ビジネスを設計するにあたっては価値提供をどう考えるか、ということが非常に重要なこととされています。この点において大切なのが、商品やサービスそのもの...

【札幌 弁護士コラム】裁判所に対するファンタジーと顧問弁護士の必要性について考えてみた

【札幌 弁護士コラム】裁判所に対するファンタジーと顧問弁護士の必要性について考えてみた
今朝ニュースを見ていたら高須クリニックの院長が名誉棄損事件で敗訴していたという話が出ていました。<日刊スポーツHP>https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201...